カット料金を値上げは美容師人生にどう影響を与えるのか?堤好司の経験を公開します!


カットがうまい カラーが得意 カットが得意 カラーがうまい 似合わせ 30代 40代 20代 学生専門 アパレル パーマ カラー トリートメント ヘアサロン 美容室 美容院 メンズカット ハイトーンカラー ダメージヘア ステップボーンカット  小顔カット ショートヘア オーガニックコスメ ノンシリコン 高級ノンシリコン 30代大人女子 40代大人女性 ショートカットが上手い ボブが上手い くせ毛カットが上手い SBCP SBCPORODUCTS ステップボーンカットプロダクト 小顔ミスト SBCP生ミネラルミスト+ SBCP生ミネラルヘアマスク+ SBCP生ミネラルオイル+ SBCP生ミネラルジェル+ SBCP生ミネラルクレイ+ SBCP生ミネラルシャンプー+ SBCP生ミネラルトリートメント+ プットオンマジック 小顔化粧品 小顔化粧水 くせ毛


今日は価値の話をしたいと思います。

美容師さん向けの記事になります。

では少し長めですが読んでください。


カット料金の値上げ

今では結構普通になってきて、あの1000円カットが値上がりしたってのも大きなニュースになりましたよね?

僕自身はカットの値上げを4回経験しています。

えっ4回も?

って思う人もいるのでは?

今振り返っても案外大した事はない。

ってのが本音。

ではどういう風に4回もカット料金を値上げしてきたか?をお話します。

まず、カット料金詳細からお伝えします。

アシスタント三年目。

1500円

スタイリスト1年目〜5年目 24〜29歳

5000円

スタイリスト5年目〜9年目 29〜34歳

10000円

スタイリスト9年目〜10年目 34歳〜現在

20000円 (新規のみ)

カット料金をアップしたい!

そう思ってる人は山ほどいるんではないでしょうか?

ではぼくのリアルな数値を元にお話しましょう。

アシスタント時代の話は省略。

スタイリストに昇格してデビュー月

2007年かな?

売り上げ45万円。

その当時はホットペッパーなんてやってないから自分で連れてくるしかなかった。

フリーなんて月に2〜3人入れたら良い方。

暇すぎて辛かったという所から始まります笑

毎日外に出かけてました笑

けど、ありがたい事にコツコツと積み上げ1年半で150万くらいはあげれるようになり、その後は200万円、250万円、300万円と着々と積み上げていった。

どのように積み上げていったかはまた違う記事で書きますね!

27歳で社内で売り上げNo.1になり調子にのってた時代でもあります。

その当時はツイッターやアメブロで毎月新規20人以上きてたかな。

29歳の頃、転機が訪れる。

そう。ステップボーンカットが特許を取得しついに世の中の美容業界にむけてセミナーを開始する事になったのです。

もちろんぼくはいつも先輩に突っかかる厄介なやつで、自分流。

だからほとんどステップボーンカットも自分流笑

それでもオーナーSAYURIや、今残ってる先輩達は優しく指導してくれたのには本当に感謝しかないなって思うんですよね。

そしてぼくは、元々セミナーなんて興味もない人間でセミナーに一度も強制以外は行ったことがない人間笑

そしてまだまだ転機が、、、

所属するTICK-TOCK Torwestの箱がいっぱいで予約がとれない。

そんな状態になり新店舗を大阪心斎橋に出す事になり、ぼくが任される事になるんです。

一気に目まぐるしく環境や状況が変わる中、一つの方針が、下されるのです。

それは、、、

カット料金の値上げ

ステップボーンカットを世界のスタンダードに

をコンセプトの元、セミナー事業がスタートしました。

美容師の価値向上を目的とし、高単価の技術としてステップボーンカットがまたたくまにたくさんの美容師さんに受け入れられ一気にその名は広まっていきます。

ぼくも代表のSAYURIから、

1からステップボーンカットを習い直してくださいと連絡がきて、

そしてカット料金を5000円から10000円にアップして下さい。

と連絡がきました。

もちろん反抗しましたよ笑

ただ、これは受け入れられない事も分かっていたんです。

その新店舗が、ステップボーンカットを世界のスタンダードにするための当時のフラッグショップサロンだったのです。

ぼくはそこの店長を任される=ステップボーンカットの見本になる。

という使命を任されたんです。

もちろんセミナーは全て受け直し一から鍛え直しました。

お客様には一切値上げに関しては、直前までお伝えしてません。

しかも、

①神戸から大阪心斎橋に移動

②オープンしたら値上げ。

この二つのデメリットをかかえてました。

不安でしたよ。

結果は、、、

ありがたいことに70パーセントがオープンして3ヶ月のあいだにに1度きてくれてました。

もちろんお店は、ぼく以外はスタイリストなりたてで売り上げが50万ないくらい。

キッツイんですよ。

スーパー赤字笑

けど、もともと強かったSNSがきっかけで有名なモデルさん達が来店しオープン3ヶ月で新規が200人コンスタントにくるようになり、お店は活気に満ち売り上げも落ち着いていくわけです。

その当時は異例なくらい人がきました。

けど、だんだん減っていくんですよ。顧客が。

で気付くんです。

1万円は高かったんだと。

新規を抜けば、顧客さんの売り上げは80万円まで落ち込んだ。

これは値上げ失敗したかと思ってたりもしてました笑

けど、その当時心斎橋では激安店舗が流行り、TICK-TOCK Modelは最低カット料金6000円の高単価サロンで勝負してました。

僕たちには、武器は2つしかなかったんですよ。

①ステップボーンカット

②SBCP生ミネラルミスト

この2つで、来てくれる新規の人に必死に効果をプレゼンテーションし、実感、納得、感動をしてもらう。

その事に集中しました。

そこで、変化が起こってくるんです。

お客様が、このカットの仕上がりでこの値段なら納得ね!

そう言われるようになってくるとあっという間に1万円のお客様が来店していただけるようになりました。

もう一度言います。

ステップボーンカットとSBCP生ミネラルミストしかなかったので、そこに全力を注いだ。

小顔にみんなをモデルのようにした。

街行く人が注目するヘアを作る。

自分達で考え抜いた最高のカットプレゼンテーションをして。

結果、5000円の時に残ってくれたお客様は30パーセント。

1万円にすれば、1万円のお客様がつくというのがわかり、価値を感じてもらえれば、値上げは大丈夫というのもわかった。

TICK-TOCK Modelがオープンし1年半で、ぼくの売り上げは、1ヶ月639万円まで上がってしまうわけです。

特別な事はしてません。


値上げをし、その値上げに対して、技術を磨き、プレゼンテーションを磨き、伝え、感じてもらう。

そこだけなんですよね。


今なかなか値上げをしようと思って迷ってる方にはぜひ、推奨したいと思います。


ぼくみたいに急に値上げしなければ、もっと上手くいくだろうなと笑


まず値上げ前にやってもらいたい事。

値上げ額はいくらでもok


①指名のお客様にビジョンを共有する事

②カット料金を値上げする事を直接伝えなぜ値上げするのか想いを伝える事。


離れるお客様はいるかもしれません。


けど、その価値にあった新しいお客様は必ず来ます。


一歩踏み出せば案外簡単です。


進むだけだから。

あんなに値上げを嫌がってたぼくが、今年2018年4月に新規2万円にするって自分から言うのにもほんと驚きなんですけどね笑


値上げして来ないんじゃないか?

深くは考えず、

上げたらそこに見合った人が来る。


自分はそれに見合うように磨けば良いんだと。


だから値上げって、ネガティブな事ではなく、美容師にとってもお客様にとってもスタッフにとってもハッピーな事なんだと思います。


迷ってる皆さんの、参考になれば嬉しいです



お問い合わせはこちらから

東京南青山予約専用LINE