カット10000円と6000円の差は1ヶ月を1日あたりで計算するとたった133円しか変わらないという結果であなたならどうする?



これはあくまでも個人の見解なので色んな意見があるかと思います。

感性が合う方だけが来てくれたらいいと思ってる個人的な意見と思って見てもらえると助かります。

カット料金10000円

カット料金6000円

今回はこの例をあげます。

ぼくは顧客様は10000円

ご新規様は20000円でカットをさせてもらってます。

美容師以外ではPR業やプレスもしているのでよく人と合うのでカットの価格を言うとみんなびっくりします。

けど、よく考えてみてください。

カット料金10000円

カット料金6000円

この差は4000円。

これをどう捉えるか?なんですが、ぼくは10000円でも20000円の方も基本的に説明しますが、

指名なしの6000円との差は4000円と14000円。

それを1ヶ月を1日あたりで計算すると

4000円の場合133円

14000円の場合466円

2ヶ月では

4000円の場合66.5円

14000円の場合233円

となります。

要はジュース1本分にみたない自分に投資する感覚で体験ができると言うことです。

全然差がないやん。て思いません?

カット料金が1万円だしな、、、

って思ってるあなたは一度この65.5円という数字をみればトライしやすいかと思う。

さっきも書きましたがこれはあくまでも個人の見解なので。

よく僕のところに駆け込み寺のようにお客様が来られます。

他店でうまくいかなかった。

それでぼくが担当するとなると、前の分も合わせて余計にお金がかかる。

そうなって欲しくないので、イメージを変えたり、ちょっと髪の毛に対してコンプレックスがある方はちゃんとはじめからけちらずお金をかけた方がいい。

高いだけには理由がある。

それは確実だと思います。

その分担当するスタイリストも責任もあります。

大切な髪の毛です。

見た目も気分も見られ方も人生も変わりうるのがヘアスタイルです。


ぼくを頼りにしてきてくれる方々にきちんとかえしていきたいと思います!

堤好司のご予約に関して。


ご質問なども LINEで受付ます。



閲覧数:1回0件のコメント