プロとしてモチベーションという言葉は捨ててます。堤好司なりのプロ意識。

ディレクター堤好司です。



ぼくはいつも通りが好きです。

なんの話かと言うと、

モチベーションという言葉は、何か始めようとした時や、継続しようとした時に必ず感じるものですよね。

僕は、

モチベーションにより日々すること左右されてしまうのはすごく嫌な性格でプロである以上1番それが良くないことだなぁと思ってます。

仕事においてはですよ笑

モチベーションが左右されない一定の状態であればすごくいいんですがなかなかそうはいかないですよね?

タイトルにあった通り

“モチベーションは捨ててます”

モチベーションがないわけではありませんが、感情や環境に左右されないように心の持ちようを変えています。

“いつも通り”

この言葉のように常にいつも通りである事がプロの世界で生きる自分にとってはすごく楽になれます。

まとめると

“常に一緒の状態を保つ事”に

ぼくは重点を置いている。

それがぼくにとっての‘’いつも通り‘’

になります。

決まった事を決まった時間に。

結果に出る確約した事

するべき事を毎日続ける。

テンションでの仕事はしない。

こんな感じで、いつも通りを心がけてます!

どんなに忙しくてもいつも通りに。

ぼくなりのプロフェッショナルとして

心掛けている1つの事です




リクルート情報


東京南青山予約専用LINE

4回の閲覧0件のコメント