• SAYURI

ステップボーンカットと通常のカットとの違いを説明します

ステップボーンカット

通常のカット

今日は何がどのように違うのか?

説明します。




その前に、、、

✴︎通常のカットの定義として一般的な美容室でしているカットの事を指します。

ぼくの所にご来店頂くお客様の傾向として

お悩みを持った方が多くご来店されます。

どこの美容室、上手いと言われる方にカットしてもらっても気に入った感じにならない。

そんな方が多く、最後の駆け込み寺でご来店されます。

髪質は癖毛の方が圧倒的に多いです。

そして難しい髪質のお客様が多いです。

では、



Q:ステップボーンカットとはどんなカットなのでしょうか?

A:ステップボーンカットは既存のカットよりも、著しくタイト&ボリュームの調整ができるので、日本人特有の絶壁や顔の形などのコンプレックスの解消も容易可能な特許取得のカット技法です。



Q:通常のカットとステップボーンカットはどこが違うの?

A:日本人(東洋人)は西洋人に比べて絶壁、ハチ張り、エラ張りなどが気になります。

西洋人は自分でカットしても格好良く見えるのに、日本人はそうではありません。なぜなら、骨格の形が違うからです。

日本人の平面的な骨格を西洋人のように立体的に、かつ小顔に見せ、鼻を高く、引き締まった顔立ちに、そして平面的な後頭部に出っ張りを持たせて、耳の後ろからうなじにかけてタイトに引き締める骨格矯正カットが何より大切なのです。


それにより単に頭が小さく見えるだけでなく、首が長く、背が高く、痩せて見え、全身のバランスが良くなります。

ステップボーンカットにはブロックごとに目的がある(首長セクション、はち張り解消セクション、絶壁解消セクション、小顔セクション、デザインセクションなど)ので、西洋人のような立体的な骨格や小顔を叶えることができるのです。

図面に起こすとわかりやすいので載せます





ステップボーンカットで叶えられる事


✴︎小顔に見える

髪のタイト&ボリュームの調整により、小顔が実現可能に!360°どこから見ても素敵なシルエットなのも特徴の一つです。

✴︎髪が揺らぐ

ステップボーンカットは曲線で髪を切るスウィングカットと呼ばれる技法で構成されているので、自由に髪が揺らぎます。

✴︎モチが良い

カットの際に、髪がたまる部分を見極めて隙間をつくっているため、カットラインが崩れにくくカットの持ちが格段に違います。

✴︎癖毛をいかせる

カットの際に、髪がたまる部分を見極めて隙間をつくっているため、カットラインが崩れにくくカットの持ちが格段に違います。

✴︎お手入れが簡単

毛流れを考えカットされているので簡単に乾かすだけで、また、スタイリング剤を適当につけるだけで簡単にセットできます。

✴︎トリートメントしながらカットができる

カットの際に水ではなく、『フルボ酸』配合の専用カットローション(小顔ミスト)を使用するため、カットの度にしなやかな髪に。

他にもたくさんメリットはありますが、 さらに詳しく知りたい方は 公式サイトをご覧ください。





ここまでまとめてきましたが、

一言で言うと、お悩み解決に導くっていうのが答えとして近いでしょうか?


1人1人髪質や骨格が違います。

一番は自分の生まれ持った髪の毛、骨格を好きになれるといいですよね。

そしてきれいになる。

そのお手伝いをさせて頂きたいと思ってます。


✴︎今のヘアスタイルに満足がいってない方

✴︎今の自分を変えたい方

ぜひLINEにてご連絡ください。




商品はインターネット公式サイトから購入可能です。

SBCP生ミネラルミスト+購入サイト



STEPBONECUT TOKYO予約

堤の出勤は

8月 18.19.21.22

となります。


7回の閲覧
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン
  • Facebook Basic Black